髪の専門家が教える髪の予防[白髪・フケ・乾燥]編

hair001

美容師サロンをやっているやよちゃんです。

ツヤのあるキレイな髪の毛は憧れであり、いつまでも維持していきたいですよね。 印象も変わってきます。 今日はそんなキレイな髪の毛の維持の仕方について書いてみたいと思います。

〜 見出し 〜 見たいところをクリック!

白髪の予防

白髪の原因というのは、まだはっきりした事は解明されてないらしいのですが

  • 加齢
  • ストレス
  • 病気
  • 遺伝
  • 生活習慣

などが原因で何らかの作用でメラノサイトの働きが弱くなってしまいメラニン色素が作られなくなってしまうからではないかと言われています。

よく白髪を見つけると、ついつい抜いてしまいますが、毛根や毛穴を炎症させてしまい生えてこなくなるので将来薄毛などで悩まされる事になったりするので抜かない方がいいです。

食べ物では、ごまやオリーブオイルが良いと言われています。 ごまの成分のアントシアニンはメラニン色素の形成を促進して白髪の予防に効果があります。特にオリーブオイルに含まれているオレイン酸やビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化成分が白髪に悪影響を及ぼす活性酸素を除去してくれるので積極的に摂るようにしましょう。

私が実践して、そしてサロンのお客様にもお勧めしているのがごま油マッサージ。スリランカでアーユルヴェーダの勉強をした時にとても気に入って、自分なりに手軽にできるようにアレンジしたのですが 1度火を通した白ごま油を用意するだけなのでとても手軽です。シャンプーする前に頭皮にまんべんなく塗って軽くマッサージしてしばらく放置するだけ、その間に顔を洗ったり体を洗ったり、ゆっくり湯船に浸かったり。 頭皮もしっとり、髪もツヤツヤでとてもいいです。白ごま油は匂いもそんなに気になりませんしチャレンジしやすいと思います。

そしてオススメ一番押しなのがごま油うがい!! 口に含んでうがいするだけの簡単さです。 一度火を通すことで骨まで浸透しやすくなるそうです。 舌の裏側は吸収力がとても高いので、解毒作用の高いごま油が入る事で栄養素が体により行き渡るらしいのです。これが白髪にとても効きます。ちなみに抜け毛やほうれい線、口内炎にも効くそうです。

農薬完全不使用の無添加 黒ごま(ごまランキング1位獲得)

フケの予防

フケには乾燥タイプと脂漏タイプの2種類に分けられます。最近多いのがこの乾燥タイプで、主に過剰なシャンプーや洗浄力が強い市販の石油系界面活性剤が入っているシャンプー剤によるものが多いです。 これは必要以上に頭皮に大切な脂分までとってしまっているため皮膚が乾燥してしまうためです。 そのための予防対策としてシャンプー剤の見直しですね。

シャンプー剤には

  • 高級アルコール系(ラウリル硫酸・ラウレス硫酸)
  • a-オレフィン系
  • アミノ酸系
  • タウリン系
  • タンパク質由来系
  • スルホコハク酸系
  • 石鹸系
  • アミドエーテル硫酸系

などがありますが、市販で出回っている物のほとんどが高級アルコール系のラウリル硫酸でできたシャンプー剤です。洗浄力が高く泡立ちも良いですが石油からできているので刺激が大きすぎたり過剰に脂分をとってしまう心配があります。人間の体は、皮脂を取りすぎるとのそれを補おうとするためか逆に皮脂を出そうとして過剰に皮脂が作られます。

私のサロンではアミノ酸系のシャンプー剤であまりゴシゴシ刺激しないように優しく洗う事をお勧めしています。そこを変えていただくだけで、サロンのお客様のフケの悩みはかなり減りましたよ。

美容師のおすすめのアミノ酸シャンプーの成分は?

乾燥の予防

髪の表面のキューティクルが傷んでパサつきや広がり、静電気などが気になる状態を乾燥毛と言います。最近はエアコンの普及で室内が乾燥しすぎていて乾燥毛も増えています。髪を乾燥させる要因は大きく分けると3つあります。

  • 物理的
  • 科学的
  • 環境的

アイロンのやりすぎや、ブラッシング、カラーやパーマのしすぎ、紫外線や排気ガス、タバコの煙やエアコンなどが大きな原因になっています。

特に冬の髪の乾燥の原因は湿度の低下が気になる所です。髪の毛は湿度の変化と共に水分量が増減する性質がありますので、エアコンなどでどんどんカラカラ状態に陥る訳です。そのために、季節に応じて毎日のヘアケアを見直す事が大切です。 私がサロンでお客様に提案している事は、トリートメントで髪の内部まで浸透させる事です。ホームケアではなかなか髪の内部まで浸透させる事が難しいので、気になるようでしたらたまにはサロンで集中トリートメントを施術する事をお勧めします。サロンで施術される事によってリラックス効果も与えられストレス解消にも役立つと思いますよ。

あわせて読みたい記事
美容師が教える、乾燥肌・敏感肌・脂っぽい髪にお勧めのシャンプーと成分


よかったら、シェアしてね♪!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

TOPに戻る!