育毛業界の動向 育毛剤の開発会社、日本皮膚科学会、ハーグ治療の各々の主張 まとめ

hair001

ヘアの専門家やよちゃんです。

毛髪が薄くなってくると、気分的にも寂しくなったり気になったりしますよね。 そんな方の為に、今回は育毛・発毛について考えていきたいと思います。

育毛剤の開発会社の主張

いくつかの育毛会社の特性について調べてみました。

★M-1(サラヴィオ化粧品)について

効果として

  • 細胞活性を増加させる
  • 毛乳頭細胞内のミトコンドリアの形態変化を引き起こす
  • 細胞エネルギー(ATP)量を増加させる

細胞内で食物エネルギーを直接使ったりする事は無理ですが、生命活動を維持するためにはエネルギーが必要となります。 そこで研究を重ねた結果、ミトコンドリアをエネルギー源として活動を行っています。 ミトコンドリアはこの他にもステロイドの合成や、ウイルス感染防御や、細胞内のカルシウムの濃度調整など様々な生体機能に関わっています。 発毛ホルモンの役割と同じ働きをしてくれている可能性があるのです。 そしてM-1によって毛乳頭細胞が元気になるシグナルを出し続けるので、細胞活性を高めてくれていることが証明されました。 そして、40%もATPという細胞エネルギー源の量が上昇しました。

育毛、養毛、脱毛の予防、フケ、発毛促進、病後・産後の脱毛、毛生促進、かゆみ などに効果があります。

有効成分に頭皮の血行促進と毛根細胞の活性化に働きかけるセンブリエキス、新陳代謝促進と血行促進作用の人参エキス、抗炎症作用・抗アレルギー作用のあるグリチルリチン酸2kなどが配合されています。

★リアップ(大正製薬)について

リアップの効果は臨床データに基づき証明されています。

現在の薄毛の原因No.1の男性型脱毛症(AGA)にリアップは効果を出します。 リアップの成分ミノキシジルが[AGA]には最も効果的なのです。

リアップは、他の育毛剤のように発毛をサポートするのでは無く、発毛させるのです。 発毛する効果があるので抜け毛や薄毛対策に効果があるのです。

皮膚科学会の主張

日本皮膚科学会と毛髪科学研究会の合同ガイドで、脱毛症治療の研究をしています。

脱毛症治療の有効性を5段階で表しています。

  • A段階ー強く進めてよいーーミノキシジル(男女)フィナステリド(男性のみ)
  • B段階ー進めてよいーー自毛植毛
  • C1段階ー考慮してもよいが充分な根拠無しーー育毛剤(塩化カルプロニウム・フラバノン・サイトプリン・ペンタデカン・ケトコナゾール)
  • C2段階ー根拠ないので進められないーーセファランチン
  • D段階ー療法として行わないよう進めるーー人工毛植毛

皮膚科学会では有効成分やコスト、価格などの客観的データと効果や使用感などの主観的データからなる情報を、分析して育毛剤ランキングを提示しています。

ハーグ治療

2008年から全国に普及され始め170院以上が世界最前線で薄毛治療の毛髪再生研究結果を世界に発信している最高峰の薄毛治療です。

ハーグ療法とは

  • 症例数国内No.1で発毛率99%
  • 認定施設170院突破
  • 患者満足度94.4%

ハーグ開発者自身が、身を以てハーグ療法の効果を証明しています。 抜けやすく育ちにくい生え際でも、きちんと生えてきます。 ハーグ療法はほとんどの方がリスクや副作用を心配することもなく、本格的な発毛治療を手軽に受ける事が出来ます。 ハーグ療法は休止期の毛髪を成長期に導く事ができますので、本来生えるべき場所には毛が生えてくるのです。

まとめ

ハゲに悩む男性は現在1200万人。 5人に1人は悩んでいる感じですね。 抜け毛の防止や発毛促進など薄毛の研究は日々格段に進んでいますが、ハゲに悩む人が減らないばかりか増え続けているのは、正しい対策を実行できている人が少ないためです。 自分のハゲのタイプを知って、一番効果的な方法をきちんと継続する事が大切です。


よかったら、シェアしてね♪!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

TOPに戻る!