アミノ酸シャンプー vs 石鹸シャンプー vs 高級アルコールシャンプー 美容師のおすすめはどれ?

hair001

ヘアならおまかせの美容師のやよちゃんです。╰(*´︶`*)╯

今日はシャンプーについて比較してみたいと思います。 巷にはいろいろなシャンプー剤が出ていますが、頭皮・毛髪に良いのはどのようなシャンプーでしょうか?

高級アルコールシャンプーのメリット・デメリットポイントになる成分は?

高級アルコール系シャンプー剤には、ラウリル硫酸とラウネス硫酸があります。 洗浄力が強く泡立ちも良い石油が原料の界面活性剤です。市販のシャンプー剤はこの高級アルコール系シャンプー剤が非常に多いです。

メリットは、泡立ちが良く洗浄力がとても強いので汚れがひどい方、肉体労働や土木作業などで土や油などよくつき汚れが気になる方には適しているかとも思います。 そして大量生産できコストも安く済むので、他のシャンプー剤に比べ安価で手に入ります。

デメリットは、洗浄力が強いのでお肌に負担がかかる事。 ラウリル硫酸やラウレス硫酸が成分の界面活性剤は、有刺激性の成分が多いので特に肌の弱い人はかぶれや湿疹などの皮膚トラブルを起こす原因になります。 それに洗浄力が強すぎるので、過剰に皮脂を取りすぎてしまい、不足分を補おうとする為かえって皮脂が大量分泌されるという、悪循環を引き起こしてしまい過酸化脂質になって頭皮の炎症を起こしたりします。 シャンプーを毎日しているのに頭皮がべたつくようになったり、頭皮の乾燥がひどくなった場合は、高級アルコール系シャンプーの影響を受けている可能性があるので注意が必要です。

アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリットポイントになる成分は?

アミノ酸系シャンプーには ・グルタミン酸系 ・アラニン系 ・グリシン系 に分かれています。

メリットは、皮膚や毛髪に対してとても優しい低刺激性の界面活性剤なので肌が弱い人にとって安心です。 最近急増しているアトピー性皮膚炎の方などの肌にも負担がかからないので安心して使用できます。 人間の皮膚や毛髪はアミノ酸で構成されているので、同じ成分という事で体に優しいというのもうなずけます。 アミノ酸の成分が、傷んだ毛髪に栄養を与えて、保湿・修復をしてくれます。 人にも地球にも優しい成分です。

デメリットは、洗浄力は強くなく泡立ちも悪いので、汚れの気になる方には少し物足りないかと思います。 コストが高いので商品価格も高くなってしまう点でしょう。

石鹸系シャンプーのメリット・デメリットポイントになる成分は?

石鹸系シャンプーには、アルカリ石鹸系と酸性石鹸系があります。 アルカリ石鹸系は、オレイン酸Naやヤシ油脂肪酸Kなどよく耳にすると思いますが、こちらがいわゆる石鹸です。

メリットは、天然成分由来ですが、洗浄力が比較的強いので、皮脂の分泌量が多い方や汚れが激しい方でも安心です。比較的頭皮が強い方にはお勧めです。 高級アルコール系シャンプーに比べ刺激は少ないです。

デメリットは、泡立ちが悪いです。それとアルカリ系ですのでキューティクルが開いてきしんだりゴワゴワしたりと、手触りが悪いです。 特に市販の石油系シャンプーに馴染んでる方にとっては違和感があるでしょう。洗浄力が強すぎるので、必要な皮脂まで取ってしまい乾燥してしまったり皮脂の過剰分泌を起こしたりする率もかなり高いです。 しっかりすすがないと石鹸カスによって炎症やかゆみを起こしてしまいます。

結論

専門的分野からの見解でも、その方の体質とか生活環境によっても違うと思いますが、頭皮や毛髪になるべく負担をかけず、髪の毛にとってより良い環境を作っていくにはアミノ酸系シャンプー剤が良いと思います。髪の毛と同じ成分を持つアミノ酸系シャンプーは、美容業界でも今とても注目されているのです。

美容師のおすすめのアミノ酸シャンプーは?抜け毛の効果は?成分は?安いのは?全部わかる!


よかったら、シェアしてね♪!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

TOPに戻る!